星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

2022年、陰を極める

f:id:happycareer-eu:20220101182615j:plain

新年あけましておめでとうございます。
元旦はいかがお過ごしですか?

わたしは地元の神社に初詣に出かけ、おみくじをひいて結ぶ時に、なぜか一番下の隅っこの場所が気になり、そこにおみくじを結びながら

「ああそうか、今年のテーマは "陰を極める" だ」

と一人合点していました。
できるだけ目立たない。存在感なく、全体性(背景)と一つに。

これまでと真逆を意識する、ですね。
目立つ時でも後ろの無の空間を意識する。

その人の生まれ持った役割というのは、だいたい生まれた時の天空図や数秘にはっきりとあらわれています。今回の人生で、こういう役回りを予定して生まれて来た、というものですね。

わたしは陽の気が多く、今世では目立つ役回りを予定して生まれて来たようなのですが、目覚めていくということは、その予定して来た役割(ペルソナ)すらも着脱可能な意識になることです。
もちろん必要な時はその役を請け負うのですが、そうでない時は降りる。今ここで真に求められていること(現代的に表現するとTPO)に応じて必要な役をやるということです。

* ただし、必要な役割を担うことは、空気を読むことと必ずしも同義ではありません。その場において、空気を打破する役割が求められていることもあるからです

2021年まで陽の気(目立つ役)を極めてきた今、同じくらい陰(縁の下の力持ち)に意識を向けるターンがやってきたと感じています。本当は表裏一体、陰陽一対ですから、陰を極めた分しか、陽を極められないのですよね。

この世界で最も陰を極めている仕事は、主婦業です。
(子育ての主役は子供。母親は裏方。家事はみんなが暮らしやすくなるよう、家の中を整える仕事ですが、みんながいない時に進める裏の仕事。お片づけ役であり、後始末役のこともあります)

ただわたしの場合は仕事をする星回りに生まれているので、主婦業のチャンスは今のところ来ていません。仕事でこの「裏を極める」を意識することになりそうです。

仕事で陰を極めるには、ズバリ異性と組む。異性と一緒に働く。そしてチーム内で誰もやりたがらないこと、裏方の仕事を率先して請け負う。
ということで、もしかしたら日本に帰って来たことはそのあたりのことも関係しているのかもしれません。
(ドイツは1のエネルギーの国ですし、これまでの仕事の仕方だと、目立たない=死活問題だったのは確か)

ブログも、これまではわたし自身の気づきをそのまま素直に表現して来ましたが、やはり今年の夏くらいからでしょうか「A=わたし自身の気づきの表現」と「B=読んでる方にとって有益な情報」に少し距離が出て来た感がありました。
これまではA=Bだったんですけど、2つの距離が少しひらいて来たように感じたんですね。

カウンセリングは終了しましたが、自分自身の気づきをもう少し整理、体型化してBの形でブログをつづけていくことは、結構楽しそうだし、今年のテーマ「陰を極める」にもマッチしてくるのかな?と感じています。

ブログの今後のあり方はまた模索していこうと思います。(^ ^)


どんな一年でしたか?

f:id:happycareer-eu:20211114232931j:plain

今年も残すところあとわずか。
実家の大掃除をしていたら、思わぬ気づきが降りて来て

これまでは自分の夢を叶えることで、たくさんの人に夢を魅せる、つまり「可能性」をみせる人生だった。その役目はもう終わった。
これからどんな「夢」をみるかは任せてほしい。

そんな感じだったと思います。
最後の「夢」というのは、人生という名の夢ですね。

なるほどな、と思ったのは、以前わたしは「人の可能性を見たくてこの仕事をやって来た」と書いていたからです。

 自分自身の役割を、みなさんに投影していたのですね。

人はなぜ生まれてくるのかといえば、「自分を知るため」だといわれています。

この世界は、自分という存在を別の角度から見たり体験したりすることで、自分を知る仕組みになっているのでしょう。現実は鏡。全ての人はわたしであり、全ての人は自分自身の投影である、といわれる所以がここにあると感じています。

たくさんの人に夢を魅せる人生だった、といわれると、確かにその役割は十分果たしてきたように思います。とりあえず「これまでやりたかったことは無事に終えたんだよ」「これからどうなるかは任せていればいいんだよ」と、自分自身の深い部分にいわれているように感じて、そうか、と肩の荷が下りたのですね。

実はわたし、夢があんまりなくなってしまったんですよね。
これまで思い描いていた夢は多少覚えているのですが、そもそも今ココを生きながらも夢を生きているような感覚が出て来る時があるといいますか、「ああ、今はこういう夢を見てるのか」とか「全部夢だから大丈夫なんだ」とか、そういう感覚が出てくることがあって、「これからの夢」といわれてもあまりピンとこないのです。

これまでの夢って、フィルムの外に出ると「どういう夢を見たいか」「どういう現実を体験したいか」という映画の種類なのであって、フィルムの中で「自分がこうしたい」といったものではなくなってくる..というのでしょうか。
もう少し、この感覚を肚落ちさせて生きたいと感じるこの頃です。
 
ところで今年の漢字は「金」だったそうですね。
今日ふと「今年一年を一文字であらわるなら『完』という感じかな」と思っていたのですが、その話を聞いて「『金』なんてわたしのための漢字じゃないか!(笑)」と思ってしまいました。

今年ほどお金のことを考えた一年もなかったと思います。
皆さんは、どんな一年でしたか?(^ ^)


これまでとこれから

f:id:happycareer-eu:20210925053007j:plain

木星が再び魚座に入ったようですね。

今年の6月に木星が魚座に入った時はガラッと空気が変わって、その前に大きな感情のクリアリングも起きて、木星が動いただけでこんなに影響を受けるのか、と思ったものですが、その時に新しい空気になじんでいたためか、今回はスルスルっと移行したように感じます。皆さんは、いかがでしたか?
 
(6月の時は、結構メンタル的な影響が大きかったような.. 笑)

さて、個別カウンセリングの受付をしばらく休止したいと思います。
ブログもお休みしていたので受けつけているようで受け付けていないような感じでしたが、講座もしばらくお休みさせていただきます。

自身が学んできたことをこれからどういう形で社会に貢献していくのか、本格的に考え直す時期が来たと感じています。

一般的に木星が魚座に入るとスピリチュアルな考え方が追い風を受けるといわれています。ただそれは、わたしにとって特別なことではなく、これからの時代の基盤になっていくものだと思うんですよね。
 
スピリチュアリティとは精神性のことであり、中身のないもの、本物でないもの、エネルギーのこもってないもの、本気でやっていないことは崩壊しやすいということです。
人は誰しも、もう本音に嘘をつけなくなっているし、無理をして自分に嘘をつきつづければ、どこかでバランスを崩していく。それは、ごく自然の摂理だと思います。

そして、ここが大事なポイントだと思うのですが、わたしたちは誰しもどこかで自分に嘘をついていて、本音を見失ってしまった時に道を見失います。

そして、いつも真実の本音に目覚めるために現実が存在するのです。「ああ、わたしは本当はこれを望んでいたのだ」と気がつくために。
 
本当の自分に戻っていくために必要な要素はそれぞれ異なるもので、これまで常識、ルール、物質成果主義に偏っていた人には精神性(=内観・本質・大局的で抽象的なものの見方)が必要であり、精神性に偏っていた人にはグラウンディング(=自己統合・他者との融合・地に足をつけて今ここを生きること)が必要になってきます。

そして、わたし自身はこれまで前者でしたが、今は後者を重点的に経験する時だと感じているのですね。わたしたちは言葉だけで発信しているわけではなく、この世界における現実的な選択も発信で、行動と本質との一致を通して自分自身が書き換わっていきます。

一般的に、カウンセリングやコーチングに相性が存在する理由は複数ありますが、今の自分の人生に必要な要素は誰しも異なり、それを発信している人に惹かれるという理由もあります。

そして、一度そのエッセンスを学ぶとかつての指導者や発信者を卒業することがあるように、発信者も自身の意識に応じて発信する内容が変容していくわけで、わたしも前者から後者への移行期が来ているように感じるのです。
 
準備が整えば、やるべきことは向こうからやってくるでしょう。
それまでは、時たまブログを書き綴っていこうと思います。
  
2022年、みなさま良いお年をお迎え下さい!


時間の伸び縮み

f:id:happycareer-eu:20211218133244j:plain

ところで最近、時間の経過を一瞬に感じませんか?

例えば布団を干して、1時間後に取り込むことを意図すると、次に「ああ、そういえば布団を干していた」と思い立った時、もう1時間後なのです。

思い立った時が、ちょうどそれをやるべき時なのです。
 
まるで、布団を干してから1時間を過ごしたのではなく、ちょうど「それをやるべき」1時間後にワープした、という感覚なのです。(実際そうなのかもしれませんが)

そもそも時間の経過は一定ではなく、わたしたちの意識状態によって経過速度が変わるようですが(と、アインシュタインも書いていた気が)、それを概念ではなく、誰もが体感として経験する時代になったのかもしれません。

意図する→その地点にワープ、という体験の仕方になると、その間のプロセスの経過時間は縮みます。体験が一瞬で終わるといいますか、「え、もう?」という感覚になるのです。

逆にプロセスや直線時間に囚われていると、つまり、時間通りに進めることに囚われていると、いろいろなことがスムーズに運ばなくなる気がするのですが、いかがでしょうか。
結果地点にワープできるのは「今ここ」だけなので、逆説的ですが今という空間の延長線上に「次の今」という新しい時空間があるのだと思います。

とはいえ、子供の頃は時間の経過が一定でないことは普通だったようにも感じます。
今の子供たちも、そうなのかもしれませんね。


🌟 個別カウンセリングの受付は こちら

🌟  Facebookはこちら

🌟  Youtubeチャンネルはこちら

🌟 このブログ、ならびにわたしへの活動支援寄付をしてくださる方はこちら


来年はもっと加速するよ

f:id:happycareer-eu:20211217222154j:plain

もう一つ、こちらに来てから「来年は現実化が本当に早くなるから気をつけて」という情報を友人から受けとりました。

実はヘルシンキー羽田便の機内で「お飲み物はいかがですか?」と聞かれて「お茶」をお願いしたところ、冷たいお茶をいただき「あ、暖かいお茶がほしかったな」と思ったことがありました。

するとその後すぐに「暖かいお茶はいかがですか?」という機内サービスが始まって、少し青くなったんですよ。願ってからその現実を観測するまでは、ものの30秒くらいだったので。

もし、この先このスピードで自分の思いが現実化していくのだとしたら、わたしは無事なんだろうか。「そのくらい自分の思考・感情パターンを、わたしはマスターしているのだろうか?」と感じてしまった出来事だったんですね(笑)。
 
こちらに来てから、自分に必要な情報・答・現実が向こうからやってくるという体験の仕方を何度もしています。

この表現は少し正確ではないかもしれませんね。
本当はいつも、今の自分の思った通りの現実が目の前にやってきていて、ただこれまでのわたしは、それを「そうだ」と観測できなかっただけなのかもしれません。

その過程で気がついたことは、いつも今の自分の意識の周波数にぴったりの情報や現実が、向こうから視界に飛び込んで来ている、ということです。

そもそも自分の意識の観測できないもの(気が付けないもの)は、本当はそこに存在していてもわたしたちは気がつくことができないからです。

例えばわたしは先日、コーヒーを飲みたいと思った瞬間、コメダ珈琲店が目に飛び込んで来る体験をしたのですが、もしもわたしが、目の前にあるコメダ珈琲店に気がつかなければ、わたしの現実でそれは創造されなかったこととなり、次のコーヒーショップまで何メートルも歩いたかもしれません。
 
つまり

・「現実化が早くなる」というのは、わたしたちの意識が「思ったことが目の前に映っている!」と認識できる(気が付ける)速度が上がっているということであり

・意識がある程度整理されてくると、今の周波数にマッチする情報や体験は向こうから視界に飛び込んでくるから、がんばって「どれが最適かな?」と悩んだり、選んだりしなくていいよ(=委ねていればいいよ)ということで
 
・その代わり、今ここの意識の在りよう(振動数)だけに注意してね、なぜならそれでキミの認識できる世界は変わるから
 
ということではないでしょうか。
世界はなかなか、奥深いですね。
 
♡ 関連記事



🌟 個別カウンセリングの受付は こちら

🌟  Facebookはこちら

🌟  Youtubeチャンネルはこちら

🌟 このブログ、ならびにわたしへの活動支援寄付をしてくださる方はこちら

 

 

目覚めの2ステージ

f:id:happycareer-eu:20210721235727j:plain

みなさま、お久しぶりです。
冬至前の日々、いかがお過ごしですか?
 
このブログをお読みの方は、どんな体験をされていても、全て目醒めのプロセスということがほとんどかと思います。
 
わたしは来年の仕事の話も動き始め、水面下で新しい流れが着々と進行していることを感じています。

こちらに来てから、家族で空港にいる夢を何度か見ました。
わたしの場合、空港は新しい旅立ちのシンボルとして出てくることが多いのですが、多くの魂が今、新しいステージへの旅立ちのときを迎えているのだと思います。

日本に来てからは、基本「やってくる流れに全てを委ねること」「その代わり、今この瞬間に何を選ぶかを全身全霊で選びとるというレッスンを受けています。
こちらに来てからフロアいっぱいに新しいカレンダーが並んでいる夢も見たのですが、これからは今この瞬間の選択によって、無数の可能性(並行現実)が存在しているようです。
本当の選択とは、何を選ぶか?ではなく、どの意識に基づいて選択するのか?ということ。永遠の今を生きる。それが、わたしの目醒めの次のレッスンということです。

現実で起きてくることは全て目醒めのレッスン。
レッスン内容は、個々の意識構造やステージによってそれぞれ異なりますが、今は「これまでと逆のパターンを選ぶ」というレッスン内容を課されている方は多いようです。

その理由はたぶんこれ。

これまでのペルソナ(これまでの自分)を脱ぐことで次のステージに進む魂が多いからでしょう。
 
そういえば、わたしの母はこれまで周りの人のニーズを優先し、自分は残った選択肢を選ぶという生き方をしている人だったのですが、ふと今日「これまでと逆のパターンをやってみようよ。自分は本当はどれが食べたいの?」という話をしていました。

わたしの過去の発信をご覧になった方の中には「あれ?目醒めていくと自分のためだけに生きる人生を卒業するんじゃないの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

はい、そうなのですが、やはり目覚めにもステージがあって、第一段階は「自分のために生きる」なのですよね。
そうでないとわたしたちは、自分の思う「これが他人のため」という自己信念に基づいた生き方をしてしまうからです。
実際に何がその人のためになるのかは、本当は当人にしかわかりません(そもそもこのゲームを創造したのは当人なので)。ところが、自分がうっかりゲームに夢中になっていると、わたしたちはそのことを失念してしまうわけですね。
それを卒業するためには、とことん自分のために生きていくしかない。これは基本中の基本なんですよね。
 
なお、わたしが「委ねる」というスタンスに入ったのは、このプロセスが進行し始めたからだそうで

「何が自分にとって最適なのか?わかったつもりになるなよ!」
「自分という存在は、お前が思っているより遥かに奥深いんだぞ」

ということのようです。
なるほど「最適化」、、新しい言葉です。
 


🌟 個別カウンセリングの受付は こちら

🌟  Facebookはこちら

🌟  Youtubeチャンネルはこちら

🌟 このブログ、ならびにわたしへの活動支援寄付をしてくださる方はこちら


終焉と始まり

f:id:happycareer-eu:20210803001239j:plain

「新しい人生が始まる」

今朝、夜明けの羽田空港を見ながら部屋でコーヒーを飲んでいたら、ふとそんな思いが降りてきました。
日本到着後、指定の宿泊施設にお世話になって2日目の朝、自分と向き合う十分な時間をいただいています。
(というか、思っていたよりずっと快適で、やっぱり日本てすごいな✨と感じました)

明日は射手座の新月(皆既日食)、そして明後日わたしは39才の誕生日を迎えるのですが、第二の人生は終わったようです。

こちらにきてから、ここで手放しておくべきものが何なのかは明確になりました。
新しい人生がどういうものになるのか、それは一切わからなくていいというメッセージとその理由も受けとっています。

それから、予想はしていましたが今月は揺れますね。
到着してから2回地震がありました。それもある程度覚悟してきたので大丈夫。わたしたちの意識が揺れる時は、地球も揺れるのです。
プレートは境目に溜まった古いエネルギーを放出するために揺れるでしょ?同じなんですよね。古いエネルギーを手放す時、命あるものは全て揺れるのです。

また、一般的に日食・月食の前後は体調を崩しやすい傾向があるようです。
エネルギーが大きく動くからでしょう。そうした時は、起きてきたことを通して自分と深く向き合ってみると、素晴らしい気づきがもたらされると思います。

起きてはいけないことはありません。
でも我々には、起きてきたことを奥深い気づき(魂の成長)に変えていく叡智が備わっています。ほんとうの自分の力を信頼しましょう。
あなたの内側の叡智が教えてくれること、導いてくれることはなんでしょうか。
 
わたしは明け方こんなメッセージを受けとりました。


ゆるしの時を迎えています
過去をゆるさないことは、自分をゆるさないこと

自分自身をゆるさないでいると
借金をつくったり、病気をつくったり
人は自分で自分を痛めつけるような出来事を創造します

ゆるしの時を迎えています
 
ゆるしてしまったら成長できないのではなく
ゆるさないから過去を引きずり変容できないのです
 

ここから冬至までは、どれだけ多くを許せるか?そしてどこまで深く自分自身をゆるしていけるか?がポイントなのでしょう。

ここ最近、思っていたことがすぐに現実になるという流れ、皆さんも感じていらっしゃると思いますが、自分をゆるせないと、劇的な現実を創造しやすいということだと思います。そしてわたしたちは、自分で思っているより遥かに自分をゆるしていないものです。深く深く、自分をゆるしていきましょう。

今年の秋わたしは、起きてくることをコントロールすることはできないが、起きてきたことを深い学びや素晴らしい体験に変えていくことはできる。わたしたちには本来、その力が備わっていると心から学びました。

また、新しい入国規制がしかれた翌日、新しい規制に柔軟に対応するため、空港で本来のベテランスタッフの人、今回増員された若い検疫スタッフの人、日本語堪能な外国人スタッフの人が部署を超えて連携しあっているのを見て、ワンネスと調和、この国は起きてきたことを理由に1つにまとまっていくことができるのだな、と感じていました。
(ドイツではそんなことなかったですよ、他の良いところはありますけどね)

これはこの先何があっても、目覚める人は目覚めてしまうだろうと感じました。
我々の意識が起きてきたことのもたらす結果を決めるのであって、起こることは、あまり問題ではないのだと思います。 

日本はこの先何があっても大丈夫でしょう。仮にこの先そうは見えないことが起こったとしても。
そして、誰もがそう思える世の中になっていくために「今を大切に生きる人」「自分をゆるし大切にできる人」がふえてほしいと、わたし自身誰よりもそう在りたいと思います。


🌟 個別カウンセリングの受付は こちら

🌟  Facebookはこちら

🌟  Youtubeチャンネルはこちら

🌟 このブログ、ならびにわたしへの活動支援寄付をしてくださる方はこちら