星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

高速道路へようこそ

f:id:happycareer-eu:20210311000840j:plain


魂の性質に応じて、高速道路には様々なタイプの車が存在しています。

たとえば...

◎ オープンカー型

放射型の魂で、放っているエネルギーによって、いるだけで場が和む、心が癒される、気持ちが楽しくなってしまう等の効果をもたらす魂。エネルギーが純粋でやわらかい or 明るくて軽い。オープンカーなので、誰の前でもオープンでいられること、太陽や月のように人を選別しないでエネルギーを放射しつづける無条件の愛を試される。
 
◎ キャンピングカー型

いわゆる場所やコミュニティをつくる人。男気ある懐の深さと母親のように包み込む暖かいエネルギーの持ち主。他の魂を包み込むような存在なので、往々にして器の大きい魂が多い。魂本来の目的(自らの創るコミュニティのコンセプト)をはっきり見据えた上で、訪れる人にとっての価値を最大化するバランス感覚を試される。

◎ 箱根駅伝よろしく白バイ&中継車型

他の魂の交通整理や実況中継を行う魂。大きなプロジェクトではいくつかの白バイ型魂と連携して動くため、基本的に人と一緒に働くことが多く、対人折衝能力やチームワークに優れている。同時に、魂としての優れた独立心も併せ持つ。表に立つことは少ないが、出るべきところで出て、云うべきところでバシッといえる自立心とコミュニケーション能力が試される。
 
他にも色々あると思います。

そして、これはわたしの経験談なのですが、個人意識の「わたしってこういう人」という性格と魂の性質というのは完全なる別物です。むしろ、正反対のことが多いです。

つまり、自分は傷つきやすいと思っている人が、だいたい鉄の女サッチャー首相のような魂を持っていたり、一人は寂しいといっている人に限って、魂の底では「人に合わせるのはもう疲れたな」と思っていたりします。
 
普段わたしたちが持っているセルフイメージや「わたしってこういう人」というのは、ペルソナ(仮面)の集合体です。素のままの自分ではうまく適合できないものを後から成長の過程で補ったものなので、本来の性質とは異なります。

高速道路に乗る人は、ある意味これまでの自分の「憧れ」や「セルフイメージ」とは異なる魂本来の性質を認めてしまった人ということになります。
乗る準備の段階では、だいたいエセもの(=これまでの自分には必要だったけど魂本来の性質には必要ないもの)の断捨離がかかります。この道をスムーズに進むのか、過去の自分にこだわりつづけるか、でも乗るタイミングは分かれるようです。

自分自身を知ること、本来の性質を認めてあげること、そして特に高速道路では、信じきっていくことが大切になってきますね。
 
ちなみにわたしの魂は、まさかのF1カータイプでした。しっかりビジョンを見せられました。しかも途中から飛んでた...ロケットかよ。
 
「っていうか、ちょっとでも迷ったら死ぬじゃん!!😂」
「エキサイティングだろ〜😎 」



💫 3/15(月) 受付終了
(3/20まで)本当の自分を知るフリーテーマセッション

https://www.happycareer.eu/session/
 
💫 3/17(水)受付終了
今ここ100%・自分軸100%・魂の本音100%で突き抜ける
3/20(土)スタート☆本当の自分を表現して生きる4ヶ月講座・第2期
https://www.happycareer.eu/intensive-course/