星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

第二チャクラが外向き=エネルギーヴァンパイヤ

f:id:happycareer-eu:20210503195527j:plain

第二チャクラが外向きの方は、常にエネルギー的に誰かに依存しています。

目には見えない形で依存しているので自覚のない方がほとんどですが、パワフルな人、力のある人、輝いて見える人を追いかけ、常にそこからエネルギーを補充しようとしています。
 
喜びエネルギーを自分で創造すること、自分で何かを創造したり、生み出したりすることが苦手です。自分と他人との境界線が薄く、自分にそこまで集中することができません。無意識のうちに手っ取り早く他人から補充したいと考え、常にエネルギーヴァンパイヤとして暗躍します。
 
ブログやSNSなど、不特定多数の人に向けて発信されるものに依存しているうちはまだ問題になりにくいですが、直接的な人間関係では、人はエネルギーを吸われること、依存されることを嫌いますので、人間関係がなかなか上手くいきません。
 
自分が相手にエネルギー的に依存していると、物理次元では相手に良いように使われる現実が起きてきます。これはバランスをとるために自分でそういう現実を起こしているのですが、やがて少しずつ自立心が芽生えてくるとそのことに被害者意識を覚え、そこから離れたいと希望するようになります。
  
自立すること、また自立することへの内面的な恐れと向き合う必要性を指摘されると、逆上して被害者意識を振りかざしてしまうケースもあります。
この場合は重度の依存症で、自分自身の問題に気がつきそれを受け入れられるようになるまで、同じドラマを繰り返しながら、少しずつ学習していきます。
 
自分が相手に依存していた(精神的によりかかっていた)と自覚できるケースは、成長の兆しが見えています。自分が他人によりかかっていないかどうか、意識的にチェックする習慣を持ちましょう。
 
多くの場合、あなたは自分よりも他人に多く尽くしすぎてきました。
自分の魂のお世話をする役は自分であったことを思い出し、自分のために喜びを創造する時間を持ちましょう。
真に喜びを循環させる人間関係は、意識的自立の先に起こってくるものです。
私の喜びをあなたに。あなたの喜びをわたしに。喜び純度の高い人と低い人ではそうした循環はできないので、サステイナブルな関係性にはならないのです。
 
数秘では2と11を持っている方、また一人暮らしをしたことのない方(ずっと実家暮らしだったり、実家から逃げるようにお嫁にいったケース)に多いようです。


♡こちらの「第二ステージ」もご参考に

 

▼ 現在受付中の講座はこちら