星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

願いは叶いつづける

f:id:happycareer-eu:20210504163953j:plain
 
また象徴的な夢を見ました。
空き瓶、空きペットボトル、ダンボールを出す夢。ドイツでは空き瓶、空きペットボトルは資源ごみ。返却するとお金が返ってきます。
ようやく古い自分を整理できたように思います。それにしても回収に出したゴミは目醒めてなお印象的なくらい重すぎた。。

これまでわたしは幸せになる準備のできていない魂を無理やり幸せにしようとずいぶん頑張っていたようです。
(お前も大概難しいゲームが好きだよな...と云われた😎)
 
幸せになる準備ができているかどうかは、自分と最後まで向き合えているかどうかを見ればわかるので、見分けることはそんなに難しいことではないのですが
 
準備のできていないAさん
「魂の本音100%で生きるのはまだ怖いなぁ...」
 
準備のできたBさん
「魂の本音100%で生きるのはまだ怖いなぁ...
 だからわたしはまず、その勇気を持てる人になりたいな

こんな感じかな。
 
別にBさんの方が勇気がある、ということはありません。
怖いのはBさんも同じ。でもBさんは、圧倒的に素直。恐怖を認めた上で「本当はどうしたいのか?」までを見ているんだと思います。
つまり準備のできた人とは、圧倒的に素直な人のことなんでしょう。

魂意識って「アラジンと魔法のランプ」的なところがあって、いつも自分の願っていること(念じていること)を叶えてくれる。いつか願いが叶うんじゃなくて、願いが叶いつづけた結果が今なのね。
 
自分と最後まで向き合っていない人にアドバイスを与えることは、その人の成長の機会を奪ってしまうことになります。なぜなら問題は、常に今の自分自身の限界を超えるため、成長するために起きてくるから。
 
そして自分と最後まで向き合った人にとって、アドバイスって実は不要なんですよ。
なぜかって?それは、自分と最後まで向き合った先にはもはや「どうしたらいいか(How to)」なんて存在せず「どうしたいか(I will)」しかないからです。

 


つまり、迷ったり悩んだりできるうちは、まだ自分自身の本心から逃げている。

 


うーん、文章にしてしまうと厳しく響きますが、これは真理ですね。

あ、逃げていいんですよ。以前も動画で話しましたがわたしたちには2つの選択肢があります。
わたしの魂がわたしに云いたかったのは「お前、目醒めのキャリアカウンセラーなら、その位見抜いていこうぜ😎」ってことね。
 
逃げてばかりの生き方を変えたい!と心の底から意図した時「求めよ、さらば与えられん」の法則で道が開ける。つまりそのためのヒントは必ず与えられます。

願わくばその中に、わたしの講座も入っていることを...(^ ^)



▼ 現在受付中の講座はこちら