星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

ビジネスノート

f:id:happycareer-eu:20210208205122j:plain

メッセンジャー養成講座3期生へのメールから

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。
スクーリングから2週間を過ぎましたので、その後、ワークの進捗を聞きたいなぁと思ってメールしてみました☆

いつも受講生のみなさんとわたし自身の課題はかぶっているのですが「日常生活の選択1つ1つを通して喜びを選びつづける」についてはわたしも今、向き合っているように感じます。

今までこういう表現はしてこなかったのですが、これは内なる女性性と男性性の統合で

女性性=自分の本当の喜びを感じ取る柔らかな感性

男性性=それに気がつき尊重し大切に選びとる理性

という意識力の基本なんですよね。基本はどこまでいっても真髄です。

わたしは女性性(=喜びの感性)は大分開いてきましたが、男性性はまだ外を向きがち(今ここの喜びより未来の目標に意識が向きがち)です。

コツコツ向き合っていきたいと思います(^ ^)
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

地球貢献人材を育成すると決めたは良いものの

今のメッセンジャー養成講座のカリキュラムが古くなったわけでは決してなく...むしろ、基本こそ奥義、真髄。
 
💫 ハートを開いて魂の望みに内側から目覚める
💫 今ここだけを生きつづける
💫 いつも自分の声に従いつづける
 
この基本スタンスが確立されないと、これからの時代、自分軸は簡単にぐらついてしまいます。
 
そして、これは旧4ヶ月講座を8期まで主宰させていただいた率直な感想なのですが、ハートを開くのって、時間をかけて適切な取り組み方をすればそんなに難しくないのです。だいたい9割の受講生は開けるようになったかな?オールドソウルはみんな根は優しくて純粋だから、わたしがあきらめない限り、みんなもあきらめなかった。
魂は自らの課題を本当によくわかっています。だから大切なことは、その課題に安心して向き合える環境を整えてあげることなんだと思うのです。
 
一方、一度ハートを開くことができた人は、ずっとハートを開きつづけることができるか?というとそれはまた次の課題になります。一度本来の感性(女性性)を取り戻しても、内向きの意識力(男性性)が成熟するまではコツコツと積み重ねが必要なんです。
その間、時に挫けそうになりながらも、逃げず、くさらず、あきらめず、自分と向き合うことはできるか?最後はそうした愛の大きさを試されます。
 
旧講座をスタートした当時は「まあそれは、とりあえずやりたいことを思い出してからね」という感じだったのですが、今のメッセンジャー養成講座は時代の後押しもあり、そのあたり(意識力の成熟)もカバーしています。よく受講生にお話するのですが、時間が濃縮されて、1ヶ月で起こる体験や変化がかつてより劇的になっているのです。
 
つまり、そろそろ教えることを段階化する時期が来たのかもしれません。
現行のメッセンジャー養成講座はそのまま残し、たまきゃりをスタートし始めた受講生向けに新しく「メッセンジャー養成講座ADVANCE」を開講するのが最適なのではないか?、今はそう感じています。
 
魂のキャリアって、人と比較したり、世間に合わせたりすることなく、本当の望みに焦点を合わせたまま内向きに突き抜けることが大切なの。これはすごく新しい。これまでの時代には全くなかった考え方。見せ方を工夫するブランディングの代わりに、圧倒的内観力で独自の着地点(=魂の専門性)を追い求める。
 
このスタンスを現実世界で体現するには、本当の望みに焦点を合わせつづける蠍座的な深い内観力と、魂の望みに焦点を合わせたまま専門化していく射手座的な開拓精神、少なくとも2つのベクトルが必要になります。深く狭くの自己探求で望みを深化させたからこそ、その専門性に確信を持って突き抜けられる。
 
3ヶ月で目醒めのキャリアの基本スタンスを身につけ(=メッセンジャー養成講座)、さらに発展させたい場合は3ヶ月で魂の専門性を深める(=ADVANCE)。そういうスタイルが理想かな、と感じるこの頃です。

あ、たまきゃりってこういうノート公開しても、マニアック過ぎて誰も真似られないのが良いよね(笑)

 
▼ 現在受付中の講座・セッションはこちら