星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

自分を甘やかすことは、魂の成長を妨げるのか?

f:id:happycareer-eu:20210524152135j:plain

これまでたぶん一番多くいただいたご質問に、一度ブログでお答えしておきたいと思います。
 
それは「自分を愛したり、甘やかすことは、自分自身の成長を妨げてしまうのではないか?」というものです。
 
愛の一つの側面に「相手に本当に必要なものを察する力とそれを与える力」というものがありますので、ここでは自分を甘やかすことも自分を愛することの1つとして考えてみましょう。その言葉通り、自分が本当は甘えたいと感じている時に、それを与えてあげることは愛の一つの形なのです。なぜならあなたがそれを望んでいるのですから。
 
自分を甘やかすことが自分の成長を妨げてしまうケースは
「今の自分にとって本当に必要なものを取り違え、それとは違うものを与えてしまった時に起こってくるもの」ではないでしょうか。

 
愛の形というものは、皆さんの意識ステージごとに姿を変えるものです。

A ある時は、衣食住を十分に満たしてあげること、心地よい時間をつくったり、自分の好きなものを自分に買ってあげることが自分を愛することになります。
 
B また次の時は、その欲求の奥にあった「なんだか満たされない気持ち」に気がつき、それと向き合ってあげることが愛だったりもします
 
C さらに次の時は、満たされない気持ちの正体が「今の仕事を続けたくない」「本当はこういうことがやりたい」という思いにあったと気がつき、会社を辞めたり、本当にやりたいことを始めてあげることが愛だったりもします
 
わかりますでしょうか。
愛の形は、自己理解の深度によって姿を変えるのです。


ですから、あなたが今Aの意識ステージにいて、自分を甘やかしてあげようとしているのなら、それは立派な自分とのコミュニケーション、自分を愛することです。
そして、まだ十分にAのステージをやりきっていないのにその先を急ぐことは、自分が今、本当に望んでいることを取り違えていることになります。自分を満たすことで、魂が自然と次の望み、より深い望みに目覚めていく成長プロセスを邪魔してしまうことになるのです
 
一方、もしもCの望みにうすうす気が付いていながら、あなたが自分に対してAの愛し方をしていたのなら、それもやはり魂の成長を自分で阻害してしまうことになります。あなたはきっと「自分を愛することはこういうこと」という過去の概念にとらわれ、自分自身の深い声を聞くことを忘れてしまったのではないでしょうか。そうすると、本当に望むものを与えていないので、なんだか満たされない気持ちが募っていくのです。
 
こういうことは、体験しなければわからないものなのです。ですから、そんな取り違えも含めて、全ては学びのプロセス。間違いなんてありません。

もう一度、自分の声に耳を澄ましてみてはいかがでしょうか?



💓 個別カウンセリング受付中
  詳しくはこちら

🌟 本当の自分を表現して生きる
  メッセンジャー養成講座
  詳しくはこちら

🌟 目醒めのキャリアワークショップ
  vol.2 〜永遠の今へ
  詳しくはこちら