星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

仕事中、あなたの意識はどこにありますか?

f:id:happycareer-eu:20210603232125j:plain

コロナ禍で働けない方もいらっしゃる中、対極的に今「仕事超絶忙しい!トラブルばっか、もうダメ...!!」という状況に立たされている方も少なくないようですね。
 
今日のスクーリングで質問していたのですが、そんな中皆さん「現実は自分で映し出している」という意識の視座に立っていますか?

自分と向き合い始めた初期の頃は、どうしても一旦落ち着いてから向き合おう、忙しすぎて今それどころではない...!!と、現実に流されがちですが、そもそも、その怒涛の現実をわざわざ映し出しているのは自分自身である、ということに気がついていることが大切です。自分の在り方を変えなければ現実は変わらないんだった、と。
 
現実の外に出ず、スクリーン中の視点で現実を変えようとしても、問題は余計複雑になってしまいますので、徹底して「うお、これを自分で映し出したのか」とスクリーンの外に立ちつづけましょう。
クリアリングの過程で何がしかの問題は起こってくるものです。*
特に会社は集合意識でいろんな問題を映し出します。ですから問題を回避しようと奔走するよりも、起こった時に「あ、なんかきたな」「使っている感情はどれだろう」と、自分の内側を俯瞰して見られるくらいスクリーンの外にいてください。 
その場所にいると「うん、なんかこれをやっておいたほうがいい気がする」「今日はもう帰ったほうがいい気がする」等々、色んなインスピレーションがやってくると思います。
 
一緒に働く人の意識にひっぱられたり、スクリーン中で右往左往していると、この先は怒涛の渦に巻き込まれていきますので、自分自身の意識の基盤をしっかりつくっておきましょう。
 
夏至以降はさらに現実化が加速します。
現実をスクリーンとして見ていれば俯瞰が深まり、巻き込まれる生き方をしていれば加速して巻き込まれ、中途半端な生き方をしていれば目まぐるしい人生が待っています。
今のご自身の生き方が加速して現実に反映されていく、ということです。
 
「いや、もうこのゲームいいです!」と思ったらその場所にしっかり立ちつづけていきましょう。巻き込まれたら、そこはあなたの意識の足場が弱い場所。
お互いしっかり補強していきましょうね☆
 
*問題が起こることで当事者の目醒めが加速する場合、起こらない方が良いとも限らないわけです
 
♡ 関連記事 心の基盤を大切に
♡ 参考記事 本当の自分につながる3つの習慣



💓 個別カウンセリング受付中
  詳しくはこちら

🌟 本当の自分を表現して生きる
  メッセンジャー養成講座
  詳しくはこちら

🌟 目醒めのキャリアワークショップ
  vol.2 〜永遠の今へ
  詳しくはこちら