星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

同じことをずっとやりつづける、という究極の眠り

f:id:happycareer-eu:20210622205448j:plain

魂にとって興味のないことを延々とやりつづけるほど退屈なことはありません。一体何をしにこの世に生まれてきたんだ、という感じです。
 
わたしは起きる時間、眠る時間、毎日何をするかはその日の気分で選択しています。
ところが買い物だけは、いつも同じところに出かけていることに今日気がつきました。正確に云うと、いつも出かけるスーパーの中からその日行く場所を選んで買い物に出かけていました。
 
今日、アイスクリーム屋さんに出かけた帰りに、初めて立ち寄るスーパーに入り
「なぜ毎日、その日行きたいところに出かけて、新しいお店を見つけたらそこに入る、ではいけなかったのだろう」と思いました。
 
以前も書きましたが、魂はこの世に①創造するため、②体験するために生まれてきています。同じところに出かけていたら、同じデータしか収集できないのですよ。
そうまでして食事をとることはそんなに「魂のやりたいことなのか」といえば、わたしの場合はNOでした。最近は、魂の喜びがやや①創造よりなので、食事をすることより、料理をつくることのほうが喜びですね。

あと、毎日似たような食事をとることにえらく反発されます。
かつては、トーストやミューズリーの袋を買ってこれで何日分、とカウントしていたものですが(昔は堅実だった)、今日ではまるで「なぜ毎日同じものを食べなくてはならないのだ」と云われているかのようです。
 
お気付きの方も多いと思いますが、実は生命維持に必要な食事の量はだんだんと減っていきます。意識とともに体も変容していくからです。おなかは減らなくなりますし、いっぱいにもならなくなります。
食事をとる目的が変わるというか、楽しむためにそれを映し出すので、魂が望んだ時しか起こってこなくなるのです。魂にとっての喜び=食事より他の創造活動、という時間もふえてくることになります。

毎日同じような生活を送っている皆さん、人生は楽しいですか?
魂は退屈極まりないと感じているかもしれません。わたしは初めて目醒めの兆候を感じた時、発狂しそうになりました。だってそれは、すでに攻略したはずのダンジョンにとどまり、ずっと同じ建物の周りをグルグル回っているようなものだからです。生産性も何もあったものではありません。
もちろん、それが「今、本当にやりたいこと」なら話は別ですが...。  
   
魂のキャリアをスタートすると自然と必要なものが手配される、という話を、皆さんはどう思われますか?魔法のようでしょうか。

魂の役目はこの世で沢山の体験を積み、そのデータを収集してビックたまカンパニー(マスターソウル)にそのデータを送信することにあります。
もしも同じグループソウル内に、①オーダーを受けて沢山の経験を積みたがる魂と、②オーダーを忘れてずっと同じ場所で眠りこけている魂が存在する場合、マスターソウルは②の魂のぶんも ①の魂からデータを収集しようとするので、①の方に色々な流れが集まっていくのです。
それが、自分に正直な人が循環しやすい理由だったのですね。
  
宇宙(全体性)って、けっこう現金だよね。と思うのは、わたしだけ?
 

💫 Youtubeチャンネルはこちら

💫 8月15日スタート☆メッセンジャー養成講座・第6期はこちら

💫 個別カウンセリングの受付はこちら

💫 このブログ並びにわたしへの活動支援をして下さる方はこちら