星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

エレメントバランス

f:id:happycareer-eu:20210812034815j:plain

エレメントといえば、24日から全体性の流れが加速したこともあり、今は非常にバランスを崩しやすい傾向にあるようです。(霊的・精神的・肉体的に)

で、このバランスの崩れ方ですが、ご自身の持っているエレメントの強さによってやや傾向があるように感じています。
 
火のエレメントが強い・・焦る、キレやすくなる
風のエレメントが強い・・逃げる、振り回されやすくなる
水のエレメントが強い・・やさぐれる、流されやすくなる
地のエレメントが強い・・行動できない、頑なになりやすい
 
こうしたバランス崩壊に調和を取り戻す一番の方法は「今ここだけを生きること」です。これは、本当に効果的なのでお試しあれ。 
 
あと最近、ライツ(月星座・太陽星座)のエレメントによって、その方が「どんなエネルギーをどう扱うことに長けているのか?」がわかることに気がつきました。
 
火・・破壊と創造のエネルギー / ともす・照らす・感化する・始める
風・・操作系エネルギー / 回す・運ぶ・バランスをとる・循環させる
水・・癒し系エネルギー / 描く・癒す・転写する・調和させる
土・・物質系エネルギー / 支える・形にする・積み重ねる・土台をつくる
 
わたしはライツが「火 × 火」なので主軸は、魂の本音を照らしたり、情熱をともす仕事なんだと思います。感化する役回りだから、発信することはとても自然なこと。しようと思ってないけど、気がついたらやっている。

それと、最近この4つのエレメントを見てて弦楽四重奏を思い出したんですよ。
 
ファーストヴァイオリン・・・情熱をともす(火)
セカンドヴァイオリン・・リズムを運ぶ(風)
ヴィオラ・・響きを調和させる(水)
チェロ・・土台をつくる(土)
  
配役は時々入れ替わりますけど、そういうことだったのかな、と。そりゃあ調和しますよね。音楽で四大元素使っていたら。
ヴァイオリンは演奏を聴くと、なんとなくこの人ファーストかな?とかセカンドかな?って感じることがあるのですが(技術と関係なく)、それは弾き方でエネルギーの扱い方がわかるからなのかもしれません。

わたしがチェロを選んだのは、たぶん火のエレメント過多だから、無意識にバランスをとろうとしたんでしょうね。以前も書きましたが、1つ前のエレメントを強化すると次のエレメントのバランスをとりやすくなるのです。(火のエレメントが多い人は地のエレメントを大切に)

世界は奥深いな〜と感じるこの頃です。

♡ 関連記事



💫 Youtubeチャンネルはこちら

💫 8月15日スタート☆メッセンジャー養成講座・第6期はこちら

💫 個別カウンセリングの受付はこちら

💫 このブログ並びにわたしへの活動支援をして下さる方はこちら