星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

2021年後半の流れ② 〜エネルギーの扱いに注意

f:id:happycareer-eu:20201120191621j:plain

映画『魔女の宅急便』で、キキが雁の群れと一緒に空を飛ぶシーンがあります。

向かいから風のビックウェーブが来た時、雁はその風を利用して空高く舞い上がりますが、風がくると予知できなかったキキは遠くまで飛ばされてしまいます。あのビックウェーブが、今回の水瓶座満月だったのかな、と感じています。
 
しばらくは風の時代の猛風で、エネルギー的にバランスの崩しやすい時期がつづきます。そこで4つのエレメント別に、今年の後半、わたしが本当に気を付けたいと感じるポイントを整理しました。
 
ご自身のネイタルチャート(生まれた時の天空図)で、月・太陽がどのエレメントに位置しているかを参考に読んでください。(月と太陽のエレメントを上手に使えている、と感じる方は、拡大して水星・金星・火星・アセンダントもご確認ください)
 

◎ 火のエレメントの強い方(牡羊座・獅子座・射手座)
 
風の時代、火のエネルギーは大きく燃え上がります。ご自身の本当に向かいたい方角への突破力が湧いてくる一方、方向性の定まらないうちは、何かと感情的になりやすく、焦りやすいシーズンの到来です。この時期、自分自身のエネルギーをマスターできれば一発突破、できなければ自爆しやすい傾向にあります。本質を見極める目を持ちましょう。クールダウンしたい時は水のエレメントを補うと効果的です。自分への共感力大切に。
 
◎ 風のエレメントの強い方(双子座・天秤座・水瓶座)
 
この満月からの風のエネルギーと、あなた本来のエネルギーは同質のものです。自然と流れに同化しやすいベストシーズンの到来です。追い風を感じたら素直にその流れに従って良し。Follow your Heartも忘れずに。
 
◎ 水のエレメントの強い方(蟹座・蠍座・魚座)
 
水のエレメントの弱点は(感情や思いを)抱え込みやすいこと。この時期は、長年抱え込んでいた思いを軽やかな風が自然と洗い流してくれます。ある日ふと「あ〜なんか、あの件もうどうでも良いかな」と感じることも。流れをとりこむポイントは、普段他人に向けがちな共感力を自分自身に向けてあげること。自分に優しく。
  
◎ 地のエレメントの強い方(牡牛座・乙女座・山羊座)

決断を先延ばしにしないことが大切です。まずは、何かを先延ばしにしたがる自分に「気づける」自分になることが大切。今ここの自分をよく観察してみましょう。何かを先延ばしにしたがる時は、どこかでその行動の結果を怖れている時です。自分は一体、何を怖れているのか?まずはじっくりそこに向き合ってください。そして、考えられる最悪の結果に先にオーケーを出しておきましょう。「仮にそうなったとしても大丈夫」それがあなたの器を大きく育て、心の余裕をつくってくれます。そして、恐怖を丁寧にリリース。決断はその結果、自然と起きてくるでしょう。
 

流れに乗りやすいのは風と水、ちょっと注意が必要なのは火と地のエレメントです。火は風に煽られエネルギーが大きくなりやすく、地は風と相容れません。ただ、ちょっとエネルギーを使いこなすコツが必要なのだ、と捉えてみてはいかがでしょうか。


🌟 ホームページはこちら

🌟 Youtubeチャンネルはこちら