星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

サレンダーのレッスン

f:id:happycareer-eu:20211113055447j:plain

荷物の整理をしていたら、まだ会社員時代に買った自分と対話するためのカードが出て来て、時々ひいているのですが

「大きな流れに身を委ねましょう」

というカードをよくひくんです。サレンダーのレッスンなんだな、と感じています。その先はこうつづいています。

「その先で、あなただけのあなたらしい人生にたどり着くでしょう」と。

わたしの人生、独立したことも含めてここまで全て流れのままに来ました。
そして、たまに他の人の人生の話を聴いて時々ふっと思うのは「ああわたし、この人生でよかったな」ということです。
この場合のよかったは、社会的に「良かった」という意味ではありません。たぶん形だけ見たら、もっと成功されている方はたくさんいるのではないかと。

そうではなく「心から安心した」ということ。
自分とつながると、わたしの人生において自分自身の本当に深い望みはいつも叶いつづけていて、その結果わたしはここにいるんだな、ということがわかる瞬間があるんですよね。そして本当は誰もがそうなんだと思います。

人生に悩みがなかったわけではありません。
その時々にありましたけど、本当はいつも自分の最も深い望みが叶いつづけているのが「人生本来の姿」で、それを過去や常識に照らし合わせてコントロールしようとしたり、問題視するマインドが「悩みの正体」なんだろうな、と思ったのです。

会社の契約が更新されなかったことをきっかけに独立した時も、最初は前者の側面から出来事をみていたので青天の霹靂でした(そして打ちのめされました)が、「あ、そういえば独立したいと思っていたじゃん」と本当の望みを思い出したら、なんかどうでもよくなっちゃったんですよね。
 
1つ試されるのは本当の望みを思い出すまでの間、目の前の出来事や大きな流れが、自分の本当の望みとどう関係しているのか?自分の小さな頭にはわからない時がある、ということです。
 
今回も日本に帰国することでわたしの本当の望みがどう叶うのかまだよくわかっていないので、サレンダー(手放してくださいね)のカードをよくひいてるんだと思います。
 
想像もしなかった景色が見えて来て「ああ、こういうことだったのか」と感じられる日はいつになるのか、今は、1日1日の変化(=途中の景色)をおっかなびっくり、楽しんでいる感じです。

人って未来を全く想像ができないと、期待できないんですよね(笑)。期待ゼロ。自我のコントロールが入りにくいので、魂は思いきり好きな絵を描けるのかもしれません。



🌟 個別カウンセリングの受付は こちら

🌟  Facebookはこちら

🌟 3ヶ月で自己対話を学ぶ
ブレないわたしをつくる3ヶ月プログラムはこちら

🌟  Youtubeチャンネルはこちら

🌟 このブログ、ならびにわたしへの活動支援寄付をしてくださる方はこちら