星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

家族は目覚めるのかな?と思ったら...

f:id:happycareer-eu:20210707192415j:plain

 冬至が近いこともあって、時々話題にあがりますね、このテーマ。
 
まずは、意識はプールのようなものであることを思い出してみましょう。

あなたが水深100mの意識、相手が水深50mの意識だった時、普通に眠りの意識で話していると2人は水深75mの意識で共振しやすい、みたいな。
 
例外は「今ここ」をはっきりと意識している時。
あなたは誰といても本来の水深100mの意識をキープすることになり(つまり目覚めた意識を保つことになり)、相手が目覚めを望んでいる場合には向こうの意識がこちらに共振して来ることになります。(今はそのケースは非常に多いです)
 
つまり、身近な人は目覚めるのだろうか?と感じた時、自分の一番できる貢献は、自分自身の目覚めに集中すること、ということになります。
そうすると、そのグループは自然と影響力の大きい方(より目覚めている方)に感化されていくことになり、もしも相手の魂がそれを望まない場合は、一緒に過ごす時間が自然とへっていくことになります。

魂にはそれぞれの望む目覚めのペースがありますから、わたしは水深1mずつ上げていきたいわ、とか自分には水深100mは深すぎるわ、といった場合は、お互いが自分のペースに集中するために離れていくことがある、ということですね。
(会社においてこれは離職という形で顕在化することもあります)
 
こうした局面において相手をどれだけ信頼できるかは、実はあなたが自分自身をどれだけ信頼しているかに左右されます。そもそも天上天下唯我独尊(あなたの意識の世界には本当はあなたしかいない)。ですから全ての人は自分の写し鏡であり、わたしたちは、自分を信頼した分しか他者を信頼することはできないのです。
不安になった時は、自分とつながり対話する時間をとってみましょう。(^ ^)
 
今日の牡牛座満月の数日くらい前からでしょうか、一緒にいてもそれぞれの意識がそれぞれの違う世界に別れ始めている感があります。
 
わたしはもともと共感能力の高い人間で、人の感情をもらいやすいタイプだったのですが、最近、Zoomやラインなどリモートでお話するお相手からは非常に影響を受けにくくなったと感じています。誰と話していても自分でいられるようになったというのでしょうか。

逆にカウンセリングだと、これまではみなさんのエネルギーをリーディングして、感じたこと、わかったことを話すケースも多かったのですが、そういうことはもうできなくなってきたように感じます。
(おそらく必要なくなってきた=誰もが自分から答を受け取りやすくなってきたので、できなくなったのではないかと)

自分自身の導きに、従ってみてくださいね☆


🌟 個別カウンセリングの受付は こちら

🌟  Facebookはこちら

🌟 3ヶ月で自己対話を学ぶ
ブレないわたしをつくる3ヶ月プログラムはこちら

🌟  Youtubeチャンネルはこちら

🌟 このブログ、ならびにわたしへの活動支援寄付をしてくださる方はこちら