星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

雪解け

f:id:happycareer-eu:20220118104906j:plain

昨日の夜ぐらいから意識のギアがぐぐっと変わって、今朝は「おお、エネルギー回路が新しくなったぞ」という感覚がやってきました。

これまでずっと休暇モードだったのですが(休むべき時だった)起動モードのわたしが少しずつ少しずつ、顔を出し始めています。
そうすると、自分と一致することで起きてくる1日の選択が変わってきます。モードが変わる=選択が変わる。

それに合わせて現実の展開も変わってくるので、スケジュールは本来、内的感覚に合わせるのが一番スムーズなんだと思います。本来休むべき時に、顕在意識で無理やり起動スイッチをおしても、現実は変わりませんからね。

12月の待機期間、年末年始、お正月、ずーっと休ませていただきました。
途中何度もがんばりそうになり、でもがんばるとズレるのでまた元に戻り。(こりない😂)
 
自分と一致するというのは、今、自分自身の本当に求めていることに抵抗しないということです。
今、自身の真に求めていることはなんなのか?は、まあ精査は必要ですが(常識と違うこともあるし、自我の主張は本音ではなかったりする)一致すると色んなことが楽になるように感じます。
 
それで気がついたのですが、どうもわたしはかなり疲れていたようですね。
 
これまでの仕事や人生に疲れていたというより、物心ついた頃から35年くらい「良い子な人生」「世のため人のために則った生き方」をしてきたので、今の自我が形成される過程でためこんだ負荷がどっと出てきた感じ。

「良い人であること」それがわたしの生き残り戦略だったんです。
社会に適合しやすいし、誰からも責められないから。自分のやってることも正しいと信じられる。強くなれたと錯覚できるのです。
 
「自分のために生きた結果がこれか〜」とは書いてましたが、35年分がんばってきた負荷をやっと放出できるようになっただけだったみたいです。
これまで我慢してきた分は人に助けてもらって(やれなかったことをやりきって)自我を解体したかったのでしょう。そうして初めて新しい自分になれる。

とはいえ、誰もわたしに必要以上に頑張ること、我慢することは求めていなかったので(あるいは求められてもスルーすることはできた)、やっぱり無理にがんばってしまうと、最後は人に迷惑をかけますね。がんばらないは大切です。
  
これから世の中でも、急に足止めを食らったり、動けなくなったりする人は出てくるのかもしれません。そういう時は休め、なのですね。

日本人は本当にがんばりやさん。お疲れ様です。