星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

生まれ直してこい

蠍座満月の少し前、日本で久々にマッサージを受けました。
体が緩むと、意識も緩みます。その時自分から受け取ったメッセージは

「キミは、世界一勇敢な魂」

でした。
わたしの深くの何かは

「うん、知ってるよ」
 
と云っていました。涙があふれていました。
 
その時知り合った整体師さんは「アクセスバーズ」を学ばれていて、新しいメニューを考案するにあたり、モニターを引き受けてくださる方を探しているとのことでした。

あ、これは、と思いお引き受けすることになりました。
バーズは不要な思い込みを手放すメソッド。お金の手元にない時期、魂にとって本当に必要なものは、お金を介さずもたらされるからです。

バーズの効果は気づきを加速させるものでした。
そして、バーズとマッサージを受けてわたしがその方にお話したことは

・もっと自分の技術を信頼していいこと
信頼することが自己の技術がそれ本来の働きをする手助けをしてくれること
・何をしたか?ではなくどのような意識でそれをしたか?が結果を決めること
・自分の力を信頼することがクライアント本来の力を信頼することにつながること
・その自覚が全てを決めること

でした。

一連のやりとりを通してわたしが自分自身から受け取ったメッセージは

わたしは、自分の言葉に力があるということをもっと自覚しなくてはならない

ということでした。(その方にもそういわれました)
火のエレメントには対象に命を宿す力があり、その力は言葉の振動数を変えます。
そして、人は字面ではなくその言葉の音(=振動数)を聴いていますから、その響きは対象の意識に共振や変容をもたらし、わたしはその力を沢山備えて生まれて来たのです。

この5月、わたしは自分の役割を受け入れたように思います。



今まで受け入れていなかったのかって?
そうですね、わたしはとても深い部分で自分のことを「恥ずかしい存在」と思っていたようなのです。人目についたり、目立つことへの恐怖はとても大きく残っていたようでした。

「やるべきことをやるなら、グレードを変えてほしい」という魂の願いと、「土星(=制限)を超えたい」という自身の願いが1つになった時でした。

そういえば、ここ何日か、モーツァルトの交響曲40番を聴いていました。

 

その昔この曲を演奏した時「昔の人にとってG-moll(ト短調)は "死" を連想させる曲調だった」と聞きました。
そのせいでしょうか、なんだか今のわたしには、すごく「崩壊」を連想させる曲に響いたんですよね。

たとえば、一楽章3分後半からの拡大。

起こってくる崩壊は、もう誰にもとめられない。
それは決まっていたこと。

でも、崩壊する対象と意識の間に距離があれば、それは決して怖く苦しいこととは限りません。潔く美しく崩壊してもいい。
モーツァルトの曲で聞くと、それがわかりやすいといいますか、短調でも歯を食いしばるような苦しさがないので、ただ「ああもう終わる」とだけわかる感じがしますね。

そして「崩壊に全てを委ねること」はすなわち、あなたの新しい生き方、つまり

自分を通して起こってくることに全てを委ねよ
そうすればお前は、己の最も深い本質に一致していくことができる

ということを伝えて来ています。
最も深い闇(=一番の本質)へ向かいつづけるレッスンなのです。