秋分点を超えて

秋分超えてみなさんいかがですか?
体感とか、意識とか色々変わりました?
 
わたしは、ちょっと面白い体験をしました。

今年の12月に40才を迎えるのですが、体感としては年々時間の経過が早くなっています。この秋分でまた流れが加速したこともわかりました。なので

「たぶんこれは、瞬きする間に60才だな」
「そういえばわたしの魂、80くらいまで生きる予定だったっけ..?」

などと内心独りごちていたところ


さっさと体験積んで


とっとと帰ってこい😎




ん?

😀

なんだ今の?

😀


その後「え、帰ってこいってあちらの世界に?さっさと死ねってこと?」と一瞬バグりましたが、ちょっと違ったみたいです。

体験の姿勢が違うよってこと。
この世界には、できるだけ沢山の体験を積むためにやってきたことを忘れて、あーだこーだと悩みすぎである、ということ。

どうもわたしの内側には、生存本能からくる「これからどうやって生きていこう?」という思考がいつも根ざしていたみたいなんですよね。
でも、もうそろそろその生存ゲームを終えて、「今ここの体験」だけに集中してもいいだろってことだったみたいです。

確かに、これまで無意識に「生きながらえようと」頑張ってた気もする。。

それはわたしが「死」を恐れていたからなのですが、でも本当は、こっちの世界の方が不安や恐怖がいっぱいで、死んだら永遠の安らぎに戻れるみたいなんですよね。
なんという極楽。
 
つまり、本当に安心・安全だけを体験したいなら、魂はさっさと「死」を選ぶこともできるのに、あえてまだここにいる。
その理由を忘れちゃいないかい?ということでした。


ごめん、めっちゃ忘れてた😀

お金のやりくりに夢中でつい...😄


過去生の記憶にふれたりすると、なんかこう「人生死んで終わりじゃないんだな〜」ということが感じられたりもするのですが、それでも


"わたし"として生きられる人生は、後にも先にもこれっきりなんですよね


生まれ変わったら、ガチ別の人ですから😎


なので正直、80才って短くね?と一瞬思ってしまったのですが、「それはお前の体験の姿勢がズレてるからである」ということだったみたいです。
 
確かにちゃんと「今ここの体験」に集中さえしていれば、本来、寿命までに終えられるカリキュラムしか組んでないのかもしれませんね。

新しい人生のページが開かれつつある気がします。


わくわく

秋分ゲートが開き始めたみたいですね〜。
新しいエネルギーが降りてきています。
 
さっきまで履歴書アップデートしながらワクワクしてしまって、どうしようもありませんでした。

やってることとわくわくって全然関係なかったのですね。

これやったらわくわくするとか、しないとか。昔はあったけど、今この時期だけは、何やっててもわくわくしてしまう。

魂は今起こっていることにわくわくしているのではなく、これから起こってくること(=今、起こっているエネルギーの流れ)にわくわくしているのでしょう。

わくわく。
わくわく。

究極のWIN-WIN-WINを追求したい2

「わたしの喜びは、みんなの喜び」

わたしは「自分の喜び=仲間の喜び」ということを信頼していなかったんだな。
だから自分の情熱を追求するときに、いつもどこか迷いが残っていたり、力みが必要だったんだな、ということにふと気がつきました。

それがわたしの最後のボトルネックだったのだ、と。
 
実は、個人意識(エゴ)にとっては「自分の喜び=仲間の喜び」でない方が色々と都合が良かったのです。

なぜかって?

それは、他者と自分を差別化できるから。
「これが自分!」とアピールすることができたり、他者の喜びのために自分「が」がんばることで、自分の価値を広く世界に知らしめることができる。
「わたしはここにいるぞ!」とアピールすることができるし、あなたがここにいて良い理由をつくりだすことができるのです。 

ずっと誰かの役に立ちたくて頑張ってきた人生って、実は「わたしの喜びは、みんなの喜び」ということを全く信用していない人生だったのだな、と気がつきました。

自分のために生きるようになってからもわたしの根っこには「自分の喜びと周りの喜びは違うもの」という信念がしっかり意識の奥底に残っていました。そして、その通りの世界をつくりだしていたのです。

もしも「わたしの喜びは、みんなの喜び」だったのなら、本当に心の底からそう信じていたのなら、自分のやりたいことを形にするにしても、誰かの役に立つにしても、全てはそんなにパワーはいらないはず。

だってそれは、わたしの喜びであり、みんなの喜びなのだから。

2つは1つなのだから。

もう「相手はどう思うのかな?」なんて考えなくても大丈夫な世界なのだから。

もっと呼吸するように、ただそうあって良い世界なのだから。

これまでわたしにとって、自己実現の象徴はこの仕事であり、他者貢献の象徴は会社の仕事でした。
わたしは2つの仕事をする時、完全に意識を切り替えていて、どちらかを基軸にしながらどちらかを追求していく姿勢を持っていました。
自己実現しながら他者貢献となるポイントを探したり、他者貢献しながら自分の心地よさを追求したり、無意識にそういう在り方をしていたことに気づかされました。

でも、もうそんな在り方すら終えていいのだ、この力みを手放していいのだということに気づけたように思います。

なぜなら自分が介在せずとも、全ては展開されてゆくからです。


ズレるってどういうこと?

以前アップしたこちらの記事、実際にやってみた方いらっしゃいますか?

いかがだったでしょうか?
宜しければご感想、ブログコメント欄にお待ちしております。

実は、アップしてから気がついたのですが、このステップは上級編だったみたいです。
自分と向き合い何年か経っていたり、何か1つのことを極める過程で精神集中力が鍛錬されて、かなり自分に集中できるようになった人向け。
 
普通に生きていると、その前に意識があっちこっちに飛んでしまって、おそらく「今ここ」に集中することが難しいケースがほとんど。わたしもそうでした。

最近、音響療法について学ぶ過程で知ったのですが、この意識があっちこっちに飛んでしまうというのは、チャクラがズレているからなんだそうです。
チャクラがズレていると、どうしても意識内で外的刺激に対する激しい反応が起こってしまい、それに振り回されてしまうみたいなんですね。

ズレるズレるってこのブログでもよく書いてましたけど、とても感覚的な話で「ズレてるってどういうこと?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

ズレている=今ここにいない状態のこと、と捉えていただければ、ズレてる時間がどのくらいあるかわかりやすいかもしれません。

これは、日常生活でどのくらい自分に集中できているか(意識がセンタリングされてるか)も関係しています。自分の外に意識を向けている時間が長いと、どうしても今ここへの集中力は落ちてしまうのです。

ズレている時間多いな、と感じた方は、日常生活で1人時間を積極的に持ったり、自分に集中できる環境に身をおく、既にエネルギーのととのっている場所で自分を整える、など外的環境が気にならない環境をつくることで、よりチャクラを整え、意識をセンタリングすることができると思います。

あと、かつての講座の修了生の中には、いわゆる「自分の道」=「自分が心からやりたい!学びたい!一心に打ち込みたいと感じる何か」を見つけた方も多いのですが、自分の道は何のために存在するのか?といわれれば、何か1つのことを極める過程で精神集中力を鍛錬し、今ここの集中力を上げていくためのアンカーだったのだな、と改めて気がつきました。

たしかにそうすると自然と意識はセンタリング&グラウンディングされていきます。
今ここへの集中力も上がり、自分自身が解放されて穏やかな境地になるだけでなく、目醒めも加速するでしょう。

具体的な道は見つからないタイプの方もいらっしゃいましたが、例えばわたしのように『自分の内側から全く新しい何かを生み出すタイプ』の方は、アンカーとなるものが外の世界に存在しませんので、やりたいことが見つかる、というより、突然自分の創造性や表現力が爆発して、それを形にしたくなるという現れ方をするかもしれません。

(その場合はより高い自分への集中力が必要になりますので、先日の2つの秘訣をお試しください)
 
ということで、機会があれば本当にやりたいことを見つける2つの秘訣〜基本編もお届けしたいと思います。その場合は、いただいたコメントへのお答えも反映しますね。

 

♡ お申込み受付は9月20日いっぱいです

 

スピリチュアルは苦手、と感じたら

スピリチュアルが苦手な人、あるいはそうした考え方に抵抗感をぬぐいきれない人、というのは、そもそも自分と向き合うことが苦手な人が多いのかな、と感じることがあります。

わたしはもともとそういうタイプの人だったので、今、そうした考え方に抵抗感がない人でも、実はもともと苦手だった人は多いのではないのかな?と感じることがあるんですね。

スピリチュアリティ(精神性)や自分とつながる力というのは、「感じるとるもの」であり、自己理解を深めていく過程で自然と「開花していくもの」というのが、わたしの捉え方です。
なので、自分の内側に「感じていないもの」「感じないようにしているもの」が沢山ある内は、あまり心地のよくないものだと思うのです。

また、この抵抗感がブロックとは反対側の現れ方をすると、今度は「傾倒」になるように感じています。
全ての出来事に意味を見出「そう」としたり、なんでもスピリチュアル的な考え方をし「よう」としたり、力みが入ってしまうというのでしょうか。

ですが本来全ては起こってくることですから、わからないことはわからないままでいいのではないかと思うのです。
理解されるべきことは、時が来れば自然とわかるものであり、そうでない時は単にまだ機が熟していないということ。
あなたにはあなたのタイミングがあり、大切なことは「信頼」ではないかと感じています。

つまり本来わたしたちにとってのスピリチュアリティ(精神性)とは、この「信頼」のことであり、叡智や特別な力はその過程で身につく副産物といえるのかもしれません。

とはいえ、やはり今の自分の理解力から一歩踏み出したい、成長したいと感じることはありますよね。

そんな時は難しく考えず、ただ今の生活の愛すべきことを見つけたり、自分の楽しめること、好きなことをするのがいいのだと思います。
愛にはわたしたちの感性を育む力があるからです。

キライなこと、気持ちの乗らないことをイヤイヤやっていれば感性は閉じてしまうかもしれませんが、好きなこと、楽しいことをめいっぱいやってみたらどうでしょう?

きっとそれを「思う存分味わいたい」と思うのではないでしょうか?
そうして、眠っていた感性が蘇るのです。

その過程であなたは、これまでこだわっていたことがどうでもよくなったり、大切なことを思い出したり、わからなかったことがわかるようになったり、自分の感じ方が変わったりする体験をするかもしれません。

そうしたらそれはきっと、今(Present)という時に贈られたプレゼントなのかもしれません。


♡ お申込み受付は9月20日いっぱいです

 

全て、必要なことしか起こっていない

東京はまだ台風通過前なのですが、昨日の前線でだいぶ色々な気が流されたように思います。

今日になって『全て、必要なことしか起こっていない』『お金を返せないときは、そうである必要があるからそうなっている』という感覚が起こってきました。
同じように仕事が見つからないときはそうである必要があるからそうなっていて、何かが上手くいかないときはやはりそうである必要があるからそうなっているのでしょう。

そうであることで引き出される感情があり、それを手放した先に起こってくる目醒めがある。体験することでしかその目醒めは起こってこない。

そうすると本当に、全てはあるがままでいい、というか、起こるべくして起こっていることしか存在しなかったのですね。

お金のことでいえば、もしもわたしがお金を貸す立場だったら、ゆるすことは少し簡単だったかもしれない。
なぜならわたしは「他人をゆるす」という学びを過去生でかなりやってきたみたいだから。
ゆるすことはゆるされること、と無意識に知っている以上、腹は立っても「まあ払えないなら仕方ないよね」「ああ、損したな」で終わっていた可能性はかなり高い。

実際、営業時代、滞納金の取り立て業務ではそんなに怒れなかった。
「本当にお金がないのかもしれないよ」「あったら払ってるって」と話すわたしに対し「いや、あっても払ってないことがある」「払えなくなる前に返してもらわないと」という上司に、おそらくわたしはお金があったら全て払ってしまう人で、彼はあっても(後先考えて)払わないことがある人なのだろうと感じていた。

そしてもっといってしまえば、ある時ある場所で純粋な好意から貸した恩は、思わぬ形で世界から返ってくる。それは別のとき別の人という窓口を通して。
そういうことを無意識にわたしは知っていて、実際そいういう体験を何度もするくらいわたしの人生は恵まれていたと思う。

でも今世の学びは「自分をゆるす」。
厳密には「他人をゆるす」も「自分をゆるす」も同じことなのだけれど、ゆるしの境地に到達するのに他人という窓を通るか、自分という窓を通るか、得意なルートというものはあるらしい。

自分ルートが圧倒的に苦手なわたしは、これからも「ああ、やってしまった」という体験はするのかもしれないけど、それはそれで予定してきた学びの道なのだと思います。

もっと力を抜いて、人生をあゆんでいけたらいいなと思います。


♡ お申込み受付は9月20日いっぱいです

 

【9月20日〆切】目醒めのキャリアワークショップvol.1〜魂意識に目覚める

現在受付中の目覚めのキャリアワークショップは、9月20日に締め切ります。
わたしはその後、自分自身の在り方を整えることに集中します。みなさま、良き秋分の日を!
 
お久しぶりです。
自分とつながる生き方をみなさんとシェアする目醒めのキャリアワークショップが帰ってきました。

もともとこのワークショップを企画したのは、ダブルワークをしていた当初、わたしにとって「仕事や日常生活」と「意識の目覚め」は別にあるものだったからです。

そうはいっても「仕事は仕事だし」という括りにして、職場で本当の自分を表現することをためらっていたんですね。しかし、本当は全ては1つ。自分とつながり、本当の自分を表現して生きることは、本当は、今目の前の現実から実践できることなのです。

このワークショップでは、自分とつながる時間を十分に持った後、チャネリングワークでご自分だけの答を受けとったり、今のご自身の日常生活で実践したい自己対話や目醒めのワークを明確化してゆきます。

ピンときた方、ワクワクした方、ご興味のある方のお越しをお待ちしております☆

新しい時代の生き方にシフトする

目醒めのキャリア・ワークショップ

 

これまでの「気合と根性」「炎の頑張り屋さん」的な生き方を卒業して、これからは「魂の本音を表現して生きよう」と感じているあなたへ。
 
日常生活から "自分とのつながりを意識する" 新しい生き方を始めてみませんか?

このワークショップでは、自分とつながるとても自然体で感覚的な生き方を、いつもの仕事や日常生活に落とし込んでいくコツを皆さんと共有しています。

  

Day1は、みんなで自分とつながっていたことを思い出す日。
この日は自分とつながる瞑想を持った後、それを意識したままワークショップを受けてみてください。「ああそういえば、そうだったよね」なんて、本来のあなただったらとても自然に感じていたこと、でも日常生活では、ついおいてけぼりになっていた本音に気がつくかもしません。

 

Day2では、実際にご自分の魂意識をチャネリングして、魂の声を感じとってみましょう。
チャネリングとは意識の波長を合わせることです。これまで思考を使って生きてきたわたしたちにとって、そうした情報はふとした瞬間に直感インスピレーションとしてやってくるものでした。でもこれからは、自分とのつながりを深く意識して生きることで、誰でも日常的に魂レベルのものの見方をダウンロードできるのです。
 
無限の可能性そのものである魂意識にアクセスした時、あなたは、今のご自身のキャリアについてどんな風に感じるでしょうか。また、あなたの人生のテーマについてはいかがですか?

答は全て自分自身が知っているのです。

自分のやるべきこと、本当にやりたいこと。魂はなんでも知っています。
それは決して大きなビジョンである必要はなく、いつも今この瞬間、目の前の日常から表現していけるものなのです。

このワークショップでは思考という枠を超えて、自身の本音を直感的に感じ取る生き方」を共有ながら、自分とつながる時間を共有し、意識の内で捉えた自分だけの思いを言葉にしていきます。
もしかしたら、あなたは日常生活ですでに答を受けとられていたこと、でもこれまでは、ずっとスルーしていた自分に気づかれるかもしれません。

自分と向き合う時間がほしいと感じた時は、このワークショップで、自分から答を受け取る経験を共有しませんか?
皆さまのお越しを、お待ちしております☆

 

 

目醒めのキャリア・ワークショップ vol.1 〜魂意識に目覚める

  

【日程】

2022年9月23日(祝)・24日(土)日本時間20時〜21時半


 ☆ 2日間のグループ講座、1回90分〜120分(ご参加人数により前後します)
 ☆ スカイプによるオンライン開講

 ☆ インターネット・ブラウザをお持ちであればどなたでもご参加できます
 ☆ ご希望の方はレコーディングも可能です

  

【こんな皆さまをお待ちしております】

 
 ・もっと自分と対話する日常生活を始めたい
 ・もっと自分の気持ちを深く感じられるようになりたい
 ・自分とつながり、自分から答を受けとるスタイルを自分の生活にとり入れたい
 ・自分の意識をもともとの自然な在り方にチューニングし直したい

 ・自己受容 & 自己信頼を深めてゆきたい

 ・ネガティブな感情を上手に受け入れ、手放せるようになりたい

【定員】4名さま

【価格】33,999円(税込)

 ♡ 事前の銀行振り込みをお願いしております
 ♡
 お申込みの方に、メールにて振込先をご案内しております


詳しいカリキュラム&お申込みはこちら