星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

喜びなきところに、豊かさなし

f:id:happycareer-eu:20210204204117j:plain

3つのギフトについて、さらにわかってきたことを書いていきます。

💫 これからの新しい社会において、あなたがみんなとわかち合いたいギフトを3つあげてください
💫 ギフト(Gift)とは「あなたが一番大きな喜びを循環できること」
💫 それをやっている時の「あなたの在り方=放たれる喜び」が本当のギフトなのです

💫 豊かさの正体は喜びのエネルギー
💫 喜びは人と分かち合うことで大きくなり、物質化するとお金になる
💫 喜びを思い出した豊かな心から、豊かな現実を創造する行動が生まれる


これからは「喜びなきところに、豊かさ(ご縁もお金も)なし」という世界のようで、喜びのボルテージが高い場所に豊かさが集まるのですね。

純粋な喜びを思い出すには個人意識を抜けて自分とつながることが大切、なのですが、ここではもう少しくわしく表現してみます。
 
以前、意識が自分という個人の中に入っているうちは「自分と他人の間の真ん中の場所」いわゆる「中庸ポイント」は永久にわからない、という話をしたことを憶えていらっしゃいますか?
自分よりか他人より、どちらかにしか偏って物を見ることができないということです。


www.youtube.com


これは当時のわたしにとって大きな発見だったのですが、もっと云うと、眠っている時はだいたいみんなどちらかに偏っているんです。つまり、これまでは偏っていることが普通だったということです。

① 他人より
② 自分より

生き方がこの2つのどちらかに偏っているということです。輪廻を繰り返すうちに身についた魂レベルの生き方のクセです。
そしてこの偏りを修正することが、喜びを大きく循環させるコツであり、お金の問題をクリアしていく秘訣でもあります。偏っているうちは、意識が全体性から孤立してしまい、豊かさを大きく回していくことはできません。
 
まず、意識が①他人よりの場所にいる時は、自分の喜びエネルギーがショートします。
必要以上に他人に与えてしまいがちで、自己犠牲精神が強く、我慢強い方に多いです。「人のため」といいつつ、無意識に全体性から自分の喜びだけを除外しがちです。心配しなくても、あなたが助けない時は困っている人は別の人が助けてくれますから、大丈夫ですよ。

また、意識が②自分よりの場所にいる時は、喜びエネルギーが循環しません。
傷つくことを恐れて心を閉ざし、自分はちっぽけなそんざいである、と自分を過小評価されている方に多いです。「お金のため」といいつつ、ついつい自分の幸せを後回しにして被害者意識から抜け出せません。もっと自分自身を認め、本当の気持ちを表現し、本当の幸せのために生きてみませんか?

3日のお話会にお申し込みの方は、魂からのメッセージとメールリーディングの結果が届いていると思います。質問が返ってきた方は、質問に答えることでこの意識の偏りが自然と修正される仕組みになっています。ぜひ、自分との対話を深めてみてください。

特に質問が返ってこなかった方は、自分よりでも他人よりでもなく、今の自分の器の大きさと自分が喜んでできることの範囲を正確につかんでいるようです。このタイプの方は、器の大きさに限らず全体性が介入しやすいので、近々ビックたま高速道路に招待される(人生の新フェーズが始まる)のではないでしょうか。

どちらに偏っている場合でも、共通しているテーマは「もっと自分を大切にしていい」ということです。ただ、自分を大切にすることが何を意味するのかは、人によって異なってくることでしょう。

4月3日(土)3つのギフトお話会の受付は、2日12:00(日本時間19:00)までです。