星くずの叡智 森のささやき

〜目醒めのキャリアカウンセラー柏葉綾子のブログ

4月11日(月)無料カウンセリングのお知らせ

f:id:happycareer-eu:20220408204455j:plain

最初にお知らせです。
4月11日(月)に、2名さま限定で無料カウンセリングを実施いたします。

【対象となる方】

1. このブログ読者の方(この記事を読んでしまった時点でクリア🤣)
2. カウンセリングを受けてみたいけど、セッション料金が今のご自分にとっては少し高価に感じている方

【時間】日本時間 14:00〜22:00までの間で、ご希望の時間帯を調整いたします

【定員】2名さま

【その他】
 * カウンセリング詳細につきましてはこちらをご覧ください
 * お申し込みの際、メッセージの欄に「無料カウンセリング希望」とご記載ください
 * 万が一、2名さま以上のお申し込みがあった場合は先着順となります

💫  詳細&お申し込みはこちら

ご縁ある方にお会いできるのを楽しみにしております(^ ^)


最近、豊かさについての理解が深まっていて、豊かさって結局は体感だよなぁ、とか、だから豊かさを体感できることにお金を使うことが大切だよなぁと感じていました。
 
ところが、わたしが豊かさを感じることの1つは「体験」なので、例えば何かお菓子を1つ買ったとしてもそれをどう食したいか?そこにこだわることが豊かさを感じる秘訣なんだな、とも感じたんですね。
お菓子を「買う」ことには確かにお金が必要なのですが、それをいつ、何と組み合わせて、どうやって食べたいの?とか、体験の価値を決める細かい部分は結局は自己対話であり(お金は関係ない)、そちらが同じ値段のお菓子にどれだけ豊かさを感じられるかを決めているんだな、とも感じたんですね。
 
そして、誤解を恐れずに書かせていただくなら、昨年から今年にかけて体験したお金の問題で、わたしは身をもって学んでしまったことがあります。
それは、人生でもっとも豊かさを感じられるお金の使い方
 
・他者にお金を無償でプレゼントすることであり
・他者から無償でお金をプレゼントされることなのだ、ということ。
 
前者は無条件の愛をプレゼントしていて、後者はそれを受け取っているのです。
そして、わたしたちは究極的には愛を求めているので、なぜかそこに心を動かされてしまうのだと思います。
 
とはいえ、今わたしはまだ借金の返済中なので、そんな現金の持ち合わせはないしなぁ...と、思っていたところ、あ、別にお金という形にこだわらなくても、持っているものをお金の代わりに無償で提供することもできるんだった、と思い出したわけです。
というわけで、カウンセリングという形で、わたしの愛を受けとってくださる方を募集することにしました。
  
余談ですが、売上税のクラウドファウンディングの際、多額の寄付をしてくれた学生時代の友人に「うまくいえないけど、わたしの人生で一番有意義なお金の使い方ができたと思う。あやちゃん、受けとってくれてありがとう!」といわれたことがありました。
 
その時は感無量で「ありがとう」しかいえなかったのですが、いわれてみると確かに、わたしも好きな人、応援したい人にお金を使うことは大好きでしたが、無償でプレゼントしたことはなかったと思います。
本当はみんな、その人やそのサービスに共感したり、エールを送ったり、応援したくてお金を使っているんだけど、「モノ」や「お金」が触媒になることで「本当の思い」が見えにくくなっていることはあるのかもしれません。
無償のプレゼントというのはその「思い」を裸にする効果があって、わたしはお金という形で愛を贈ったんだ&贈られたんだ、ということを双方が実感する瞬間があるのだと思います。
 
お金についても特別視 or タブー視することなく、愛を表現する1つの仲間に加えてあげられたら、お金もそれが一番嬉しいのかもしれませんね。